駅員のくそじじい

まじ騙された。わかったようなふりしやがって全然違うこと言ってんじゃないよ!
おかげで一時間は損したぜ。うぜ。
posted by 右京 | 雑記

ラノベ二冊目

近くの書店で二冊目を買ってしまった。

昨日はバッティングセンターなんぞに行った。弟は野球部だったくせに全然うてねーでやんの。
「球が高い」とか言ってたが、高めのほうが絶対打ちやすいと思う。
posted by 右京 | 雑記

エンジョイしてない

現地調達のラノベを読む。
MP3聞きながら寝る。
甲子園を見続ける。

田舎行くと本当にやることないっす。昨日の広陵VS駒大苫小牧は面白かったけど。
posted by 右京 | 雑記

PS2とDS

200708111428.jpgこれが田舎クオリティだぁ!

モニターの台(ソニー)
モニター(ソニー)
流れてるもの(任天堂)
なんすか?このカオス。

あっ、でもDVDプレイヤーはPS2じゃなかった。多分韓国か中国の安物。
posted by 右京 | 雑記

あんまりアレなんで

暇っすね。やることないからカキコってのもアレだわ。ていうかアレって何だよ、便利すぎるのに詳しい意味はわかんね。

いやー、この前自分の歌声ってどうなんだろうとか思って、録音してそのまま忘れてたやつがあったんだけど…すごい鼻声だった。
普通に歌ったはずなのに。


クイックタイムはいってるよね。
posted by 右京 | 雑記

福島行ってる場合?

事実上の現実逃避。母の実家に行くことになっちゃったよ。
まだレポートあるのにネット上に置いておくとか、実物持っていくなんてことはしない人だから。

あー、というかこれから三日くらい携帯からの投稿になりそ。
あー、しかもらき☆すた、その他が見れない。
あー、そういえばPCも…。

東京って最高だったんだな。
posted by 右京 | 雑記

コミケには興味があります

17・18・19日のバイトを休みにしてもらったバカ登場。つまり俺ですよっと。電通大生としては行かなきゃ。妹ログインで有名なあの人は常連だとか。まぁ、どうでもいいんだけど。

そういや、コミケ会場が臭いって本当かよ。みなさん風呂に入られないスタイル?でも、臭いが想像できる自分がいたりして。たまにそういう人がバイト先に現れる。
posted by 右京 | 雑記

幸せ家族計画とか懐かしい

昔はよく見てたよ。見るたびに何故こんな簡単なことができないだーって思ってた(テイスティングとかは無理ッス)。年をとると新しいことに対する意欲がなくなるのかな。
一番記憶に残ってるのはマリカのマリオサーキットを1分半以内にクリアするってヤツとヨーヨー。当時は俺の得意分野だったからね。マリカとかショートカットなしでも1分17秒台は出てたはず。
ムーンサルトほど簡単な技もないだろって感じだった。でも、このときやってたとっつぁんは犬の散歩すら失敗してたっけ。

まぁ、もし今の俺が挑戦するんだったら、もちろんルービックキューブだろうね。三分で三回は解けるよ。
posted by 右京 | 雑記

School Days第6話

今日は心拍数上がった。世界さんと伊藤君は桂さんに隠れて付き合ってて、実は加藤さんも伊藤君が好き。そんな加藤さんに桂さんが交際してることをHRでぶちまける。雰囲気やばいです。
世界さんが伊藤君を好きということはみんな知らない。知ってるのはロリっ子委員長だけ。
昼休みに伊藤君は世界さんを屋上に連行。
世界さん、伊藤が好き発言。そのときドアの向こうには桂さんが・・・。

学園ものとは思えないシリアスなBGMで次の回へ続く。


次回が楽しみすぎる。
posted by 右京 | 雑記

あんまりよくない

心の平穏の場所がほしいなと思ってきた今日この頃。家だとまったりできない。

なんかさ、別に何にも悪いところがないはずなのに頭痛がしたり、腕がぷるぷるなったりすんだが。

もしかしてマズいかな?
posted by 右京 | 雑記

ななついろドロップス第6話

主人公視点で書いてみますか。



ふと窓の外をのぞくと秋姫と如月先生が楽しそうに会話していた。俺とだと目をそらすのに、やっぱり先生なのか?
先生がこちらを向いたように見えた。隠れてしまう自分が情けない。


「おはようございます、石蕗様」
結城(アスパラさん)のとこの・・・。
「少々、お時間よろしいでしょうか?」
「はい?・・・」

連れていかれた先には結城がいた。
「あのこと、他言してないでしょうね」
あのことって何だったけか。思い出せないな。
「キャンプのことです!」
あぁ、肝試しのときにおんぶしたことか。
「くれぐれも内密にね」
「誰にも言わない。約束する」まだ気にしていたのか。

そのとき偶然にも秋姫が通りかかっていたとは気づきもしなかった。


秋姫が誰を好きでもいいと思っていたのに、なんで。雑草抜いてるばあいか?
こんなとき、たまたま園芸部に遊びに来たダテメガネのような性格ばあれば楽に話せただろうな。


俺にはユキちゃんという最終手段があるんだ。・・・自分が情けない。
「温室の隅に一つだけ残されて。なんか・・・迷子みたいだなって」
球根を見てそんなふうに思うなんて。ただ、球根の話をはじめたあと、すももの表情は浮かなかった。
「これ見てたら思い出したの。一年前の春、入学式のとき。学校の裏にある桜広場でね、わたし、迷子になっちゃったの。まこちゃんともはぐれて」
まさか・・・。すももの話に思い当たる節があった。
「わたし、心細くて、怖くて泣いちゃいそうだったの。そのときね、男の子に会ったの」
あのときの子が・・・秋姫。
「その人は同じ新入生で、入学式の会場まで連れていってくれたの。すごく嬉しかった」
「まさか、その人のこと」好きなのか。
「うん。でも、初恋が実らないって本当かも。だってその人には好きな人が」
話をさえぎるように指輪が光りだした。


指輪の光をたどって公園に着くと、子供用の遊水路だったはずの場所が豪流と化していた。そこには星のしずくがあった。
「あいかわらず水が苦手のようね。そんなことでステラスフィギアと言えるの?」
アスパラさんは今日も高いところが見下ろすのがお好きなようだ。
「プリマ・ア ス パ ラ ス!いい加減ちゃんと呼びなさいよ。まあ、いいわ。どちらが優れたステラスフィギアか勝負よ」
「そんな勝負なんて」
「問答無用!」
二人はすさまじい流れの中に飛び込む。魔法があるとはいえ危険には変わりない。
強烈な流れが秋姫を襲った。
「すももー!」
叫んでいた。こんなに・・・大丈夫か。
「わたしドジだし、すぐ泣いちゃうけど・・・でも、ユキちゃんがいてくれるから頑張れるよ。あっ・・・」
新しいレシピの書かれたページが開かれた。

マタリアス・ボルデイン・ラティオ

秋姫が呪文を唱えた瞬間、氷の渦が星のしずくに向かって伸びていきとらえた。よし、あとひといきだ。
秋姫の様子がおかしい。なにかひっかっかることがあったのであろうか。星のしずくを覆っていた氷の魔法も弱まって、結局はアスパラさんのところに・・・。
失敗したこと、ユキちゃんに対する責任に泣く秋姫に何も励ましの言葉をかけることができなかった。


「それで秋姫・・・すごく落ち込んでて。やっぱり、夕べの勝負に負けたのがショックみたいで」
「わかってないな」
ちなみに今は先生の部屋にいる。
「いいかい、ステラス・フィギアのスペルの力、魔法の力は本人の心のありようが大きく作用するんだよね」
こころ・・・。
「いいことがあって心が嬉しい気持ちで満ちているとパワーも増す。逆に悲しいことがあって落ち込んでいたりするとパワーも弱まるってこと。石蕗君、心当たりない?」
「さぁ・・・」
「わかんないの?いつも一緒なのに」
「そんなこと言われても!」
「こういうとき、女の子は好きな人に励まれたら元気出ると思うんだけど」


もし、本当に秋姫が俺のことを好きだとしても、今の俺は何もしてやれない。いつも秋姫を困らせてばかりだし、気の利いたことなんか言えないし、まして笑顔にするなんて。

「ほれ、おすそ分け。焼きそばパンゲットしてきたぞ」
草むらに寝転ぶ俺にダテメガネは言った。
「いや・・・」
「なんだ、大好物だろ」
「食欲ないんだ」
秋姫のことで胸いっぱいだ、とは言えないよな。
「ふーん、もしかして石蕗君ってば恋でもしてるのかなー?」
「小岩井!な、なんで・・・・・・」
不意打ちをくらった。先生といい、小岩井といい・・・。とにかく動揺を隠すことができなかった。
「大当たり、かな」
「えぇぇっ!ハルが恋?ありえねぇ。いやありえますね(小岩井が睨みつけて)」
「でも、よくわからなくて。友達としてかもしれないし。泣き虫でさ、ちっちゃくて、危なっかしくて、でも、いつも何かに一生懸命で、頑張って・・・すごくやさしい子だ」
「それ間違いないと思うなー。で、あれでしょ。石蕗君だと、自分はそのこのために何もできないしーとか、告白してもメイワクーとかぐるぐる考えてるんでしょ」
「・・・うーん」
「でもさ、ハル。女の子にとって大事なのはそんなことじゃないんだってさ」
ぅぇぇえ?お前のぶ子さんと?まぁ、いいか。




あと残り1/4くらいか。なんか小説家を尊敬してる自分がここにいます。だりぃ!
posted by 右京 | 雑記

カロリーバランス

カロリーバランスとは、平たく言えばカロリーメイトのパクリ商品だ。原産国は韓国。味はそっくりすぎ。目隠ししたらどっちかわからないと思う。

百均の食料品コーナーはヤバイよ。パクリ商品見たければここに来い、と言わんばかりの品揃え。ハイチュウのパクリとかもあった気がする。
ていうか、こういうのってどこから入ってくるんだ?犯罪の匂いがぷんぷんするんですが。
posted by 右京 | 雑記

グダグダでも出したもん勝ち

昨日から10時間くらいかけてやっとレポートの一つが完成した。
5時間くらいで仕上がると思っていたのになぁ。書けるはずのない原理
、考察は省略したよ。
posted by 右京 | 雑記

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜第5話

エレオノール!!!!!!!とカトレア。こいつらが学院に来た理由、それはかませ犬になるからです。
サイトが殺されちゃうんじゃ?という疑問が湧くのは俺だけじゃないはず。

今回、校長のじいさんの金庫にある指輪(アンリエッタの宝物)を侵入者に盗まれてしまった。外部からの侵入した痕跡がないので内部の犯行だとアニエスは言う。
じいさん曰く、犯人の胸は大きくてその胸には魔法によってつけられたマークがあるとのこと。まっさきに疑われたのはエレオノールとカトレア。サイトは深夜の部屋に侵入して胸を見ることに。副長の命令だからいいんだ!(ちなみに副長の名前は知らん)
いや、エレオノールは草原なんだから確認するまでもないよな。それでも侵入するサイトの勇気に感服。予想通りしごかれたサイトはカトレアの部屋にも・・・。

うしろにルイズがいるよ!?これはいい死亡フラグですね。鞭もよりまがまがしくなったりして。ドラクエのいばらの鞭に見えるけど。
「あっ、また爆発音が」カトレアの部屋からのようだった。巨乳のカトレアは疑われます。まぁ、犯人は意外なヤツだったんだけどね。


Youtube↓
1/3 http://jp.youtube.com/watch?v=FYlCuAj50NI
2/3 http://jp.youtube.com/watch?v=cnefE4NM0dY
3/3 http://jp.youtube.com/watch?v=B4c32fFEjDo

無理にこま切り、貼り付けするよりもこのほうがずっとマシですよね。
今回は本編に繋げてみた。というかここで全てを書くとなぜかつまらなくなるっていう仕組みだったし。
posted by 右京 | 雑記

らき☆すた第18話 十人十色

三年B組、黒井先生〜。

本編:
ウエハースチョコも食いなさい。ビックリマンとか。
みwikiは知ってても実行しないタイプですか。
つかさ「ふもふも」「もえってなに?」
「読んでみれって!」ラノベ好きだな、かがみさま。
選挙とはタイムリーなネタだなぁ。あのL字は確かに萎える。
あっ、そういやこなたはテレ東がどれだけ偉大かを知らないらしいな。


ぺったんぺったんつるぺったん。
1-Dの田村=腐女子。
パティ=腐女子。
腐った目線て・・・。
うわぁ・・・友達を腐った目線で描いた絵を見られたらマズイね。普通高校ってのがさらにマズイ。
乙女ロード自重。
いけない方向に向かってるな、というふうに思うのがいけないか。

3秒ルール!言うと思った。
自分が食わない場合は地面に落ちてもOKな企業あったよね。
HU☆JI☆YAとか。

らっきー☆ちゃんねる:
テレビが…砂嵐に包まれた。後でチェックしよ。

エンディング:
うぉ?白石が真面目に歌いだした。素人のわりに上手いんじゃないかい。

次回予告:
たくさんお金を落としてくれる人にしかサービスしません、か。
「二次に本質あり」


後でよくチェックしておこう。一つ言えることはニヤニヤ自重!
posted by 右京 | 雑記

クーラーから生暖かい空気

某電気店の異常に気づいたのは二日前。クソ暑いんよ、店の中なのに。立ってるだけで汗が出てくんのよ、店の中なのに。

原因はクーラーの故障。一応送風の機能はあるらしいんだけど、風が来る途中で外部熱を受けて温風となってフロアに舞い降りるわけですよ。
まぁ、それでも外より気温は低い(エアコンコーナーはよく頑張った)んだけど。

本当に今日はストレス社会のど真ん中に立たされた。
posted by 右京 | 雑記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。