鳥の詩は音域広いわ

一番低い部分:「消えるひこ〜きぐも〜、追いかけて追い〜かけて〜」の最後の「て」。これちょっと辛いよ。本人もこの部分は結構辛そう。
一番高い部分:曲全体の最後。なんとか出る。

そういや鳥の詩で検索すると、杉田かおるのほうの鳥の詩っていうのが出てくるんだけど、なんぞこれ。間違えて、うぉ?みたいになっちまったじゃないか。



posted by 右京 | 雑記
blog comments powered by Disqus
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。