劇場版まどマギ叛逆の物語についてちょっとだけ感想

映画を観ました。
ほむほむの人間臭さが見れてよかったです。
夢から醒めたほむほむが最後の最後で欲望に忠実に従って愛を勝ち取ったわけです。

でも、あの展開には賛否両論あるみたいです。
もやもやしているところはあんなことをやらかす動機がわからんってことですかね。
それまで一貫して利他的だったほむほむが急にアレですから。
キュウべぇの観測したらなんとかってセリフからフラグが立ったのか?
それとも最初からその気持は奥底にはあったのか?
本当のところは脚本しか知らないわけですが
映画を観た人同士で議論するというのも一つの楽しみだと思います。

個人的には途中までみんな仲良しハッピーエンドな展開だったので
まさかまさかまさかまさかまさかまさか、これでは終わらん、何かあるんだろ?
という気持ちで観ていたのであのラストには大満足です。


ほむほむ最高!


posted by 右京 | 雑記
blog comments powered by Disqus
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。