jsziptools 2.1.0

そこそこリファクタリング。
jz.utils.loadSyncがなくなりました(これ、そもそも非推奨なんだよ)。
jz.zip.packで同期的に実行したときにXMLHttpRequestでファイルを取得できなくしました(上の影響)。
jz.zip.packのfilesプロパティで{name: 'hoge.txt', str:'text'}って書いていたのが{name: 'hoge.txt', buffer:'text'}というふうに書けるようにした。ArrayBuffer, Uint8Array, stringのどれでも同じように扱う。
jz.zip.packでディレクトリ単位の圧縮レベルを設定できるようにした。
jz.utils.stringToArrayBuffer -> jz.utils.stringToBytes、ついでに返り値がUint8Arrayに。
jz.utils.stringToBytesはWorker内ではネイティブのAPIで変換するようにした。
DataView関係のライブラリをマージしてminifyするようにした。まぁ、FirefoxがDataViewをサポートしたので別々にしなくてもファイルサイズ的に無視できるだろうということで。


posted by 右京 | javascript
blog comments powered by Disqus
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。