東京ゲームショー2006

持ち物は食料と携帯と財布とカバン。まさに近所に行くような出で立ちで幕張に向けて出発したのは八時半頃。出遅れた感100%なのは気のせいじゃあない。
で、とりあえず行きましたよゲームショー、一人で寂しく。中央線からすでに混んでいるのもやっぱり気のせいどころじゃなく、というかかなりの満員っぷり。東京駅に着いた後に向かうところも…同じかやっぱり。多分同志たちともども幕張に着いたんだけど駅を脱出するのに十分以上。そんなこんなで俺はやっと会場に着きましたとさ。


まず、会場を一回り。ハドソンのブースに高橋名人がかなーり怪しいフッションでボンバーマンを解説してた。なんだか今では15連射くらいしかできないとか言いながら指プルプルをしていたけど会場の方々にはどうやら伝わらなかったようだ。


次、小波、パワプロ日本一決定戦の当日参加枠、土曜日に来た理由の一つがこれ。ホームラン競争で一番たくさんホームラン打った人が出場できるってやつ。強振じゃないほうのミートカーソルで打てとか言われて(スタッフに)何度かやったあげく6本という最高記録を見てやめました。そういえば例のパワプロ信者たちもいました。人生のうちで三回も会うなんて…。萎えました。


次は小波のとなりのセガ。ぷよぷよの新タイトルやPS3版のバーチャファイター5なんかやったりしてね。なんつうかイマイチ、それだけ。


昼飯ついでにソニーのところも一応見たんだけどやけに外人が多かった。そんなにPS3が気になるのか?たかがゲームのためだけに海外旅行…ある意味尊敬するよ。ちなみにゲームの映像は綺麗だった。それに内容が伴っていたかどうかは謎だが。


次、マーベラス。つーかいわゆる萌え系ゲームばっかじゃねーか。馬鹿じゃねーか?ツンデレアドベンチャー?馬鹿じゃねーか?


次、なぜか俺はルービックキューブ大会と称されるものに参加していた。一面だけ揃えればいいってことなんだけど正直あんまり触ったことないんだよね、これ。そんなこと考えながらやってたら偶然にも一番早く揃って予選を突破していた。決勝…同志がいた。彼も同じく偶然揃っちゃった口で他のものすごくうまい人達から取り残されて二人で五分くらい悩んで結局勝手にタイムオーバーってことになって(もっと早くしろ)キューブ大会は終わった。最後に世界チャンプとやらが二十秒であれを完成させやがったせいでキューブを欲しくなってしまったのは秘密だ。


四時を回ったころもう一回小波ブースの側に行くとあれの日本一決定戦がもう準決勝あたりに差し掛かっていた。よく野球中継とかしている人…名前が出てこないんだけど顔はおなじみってやつかな、高橋名人よりかは有名人的オーラがあった。
でも、そんなことよりプレイしている奴ら、上手すぎるんですが、つよすぎるんですが。変化球をホームランにするとかありえねぇ。あっという間に準決勝が終わり決勝が始まるときに特別ゲストという名目で元楽天の監督の田尾氏が現れた。楽天のロゴ入りネクタイを施して。
田尾氏と某有名アナと小波のスタッフらしき女性で雑談が始まった。決勝はすでに始まっていた。その人達には試合はどうでもいいようです。さすがに決勝も終了に近づいたころにはその三人も試合のコメントをしだしました。でももう九回なんだけど…。
田尾氏「もう九回?早いね」そりゃゲームだからね。


小ネタ

台湾からの出展で明らかなボンバーマンのパクリを発見!すぐ側に本家があるっつのに。
なぜかC3POとR2D2(スターウォーズ)がなんかものすごく目立つところに放置されてた!
企業側からコスプレするよう指示されていたであろう人達がカメラパシャパシャ撮られてた!撮ってた奴の九割はリュックサックだった。


Wii

出展はソニック、スーパーモンキーボール、ブリーチ、パンヤ辺りかな。でも見るだけってのはアレだね。


総括

人が多すぎ。十万人を軽く超えていたかもしれない。出展数多すぎ。全部回ることは不可能。全体的にヴィジュアルにこだわり過ぎている。一番重要なのは操作でしょ?



posted by 右京 | 特集
blog comments powered by Disqus
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。