プレシャスメモリーズ デッキアウト系と当たったときのプレイング

ちょっと使ってる人に「負けたことある?」って聞いてみたら「ない」だって。こりゃ対策練らないといけないなー。

まず、アプローチする上で障害となるカードをまとめてみると
01-128 拒否反応
01-119 赤点
01-153 ほうきでバンド
01-116 下校中
01-017 クリスマス紬
ここらへんでしょうね。

寝言はあまり使っている人がいない気がする。赤点とほうきでバンドはどちらか一種類が入ってて、採用率は赤点のが高そうかな(ほうきでバンドは紬のたくあんがあったら意味ない)。下校中とクリスマス紬、これは絶対に各4枚入っている。


で、問題はプレイング。やみくもに攻めるとリソースがなくなっちゃうからね。

まず、どんなデッキにも共通して言えることは、デッキアウトだと分かった時点で攻めをストップした方がいいということ。ただ、開始数ターンで相手の場にそれほど並んでないときにファッティ2体にパンプ紬使ってアプローチとかはアリだと思うけど。下校中使わせるために何も使わずわざと殴るのもアリかな。


次は、攻めの形を整える。これはデッキによって違うだろうね。

ネコミミ、真夜中で攻めるタイプだとメインエリアにネコミミあずにゃん(ネコミミ装備)、ファッティ4体とサポートエリアに適当なあずにゃん3体以上並べて、手札に真夜中3枚くるまで待てば良さそうだね。

澪メインやファッティベースのデッキだと、メインエリアにファッティ5体、サポートエリアに2,3体くらい澪を並べて、手札に合宿!2枚以上と歌詞作成中2枚以上、タップ唯があると良さそうだね。

この他に部費、SRアクティブ律とかあると心強いかも。デッキによっては入ってないかもしれないけど。


次は、攻めるタイミング。正直これは難しい。目標は、なるべく自分のキャラを残して、なるべく相手のキャラを倒し、なるべく次のターンに相手がキャラを並べられないような状況を作ることなんだけど、何度かフリーで対戦してどのくらいで攻めればいいか感覚を掴みたいね。

個人的には、赤点とか拒否反応を捨てだした辺りで攻めたいかな。


プレイングこうすりゃいいんじゃないかなって流れは以上なんだけど、それでも「こりゃ勝てそう」とは言えないな。やっぱり意見だけじゃなく実践が必要なんですよ。


posted by 右京 | プレシャスメモリーズ
blog comments powered by Disqus
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。