プレシャスメモリーズのプレイングについて(優先権)

大会などで優先権まわりの認識の甘さで損しているひとが多いなと。

プレシャスメモリーズに限らず、大体のカードゲームでは、例えば、何らかのイベントやらフェイズやらステップやらの処理があったとして、ルール的にターンプレイヤー、非ターンプレイヤーどちらのプレイヤーでもカードを使用できるような場合、まずターンプレイヤーにカード使用の優先権があり、カードを使用したり、優先権を放棄することによって、非ターンプレイヤーにカード使用の優先権が移る。

ということになっている。

このとき、非ターンプレイヤーが優先権を放棄してしまうとその処理は解決してしまう。つまり、その処理中に何かしたければターンプレイヤーは先にカードを使用しなきゃいけないかもね(非ターンプレイヤーの行動による)ってこと。

プレシャスメモリーズでよくあるパターンとしてこんなのがある。

ターンプレイヤーは手札に「真夜中の練習」を持っていて使用できる状態でアプローチをしたとする。対して、非ターンプレイヤーは妨害していて、「下校中」を使うことによって、相手のキャラクターを倒せる(何もなければ)状況であるとする。

このときにいきなり下校中を使っちゃう人がいるんだよね。これだと「真夜中の練習」を使われて大損するわけだ。まず、ターンプレイヤーにカードを使用するかどうかを尋ねるべきなんだよね。

ここで「真夜中の練習」を使ってきたら、非ターンプレイヤー的にはわざわざ「下校中」を使う必要もなくて、逆に使ってこなくて、非ターンプレイヤー側も何もしなければ相打ちになる。

上の例のように、プレイングひとつでアドバンテージが変わるような状況ってのはあるんだけど、プレシャスメモリーズが初めてのカードゲームって人には解らないことなんだよな。ルールブックも曖昧だし、まぁ、第2弾発売するくらいにはどうにかしてほしいね。


posted by 右京 | プレシャスメモリーズ
blog comments powered by Disqus
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。